ホーム > コラム > 高く売れるブランド財布の種類とは?

高く売れるブランド財布の種類とは?



どのような種類のブランド財布が売れるのか?



ブランド財布はたくさんありますが、どのような種類の財布が売れるのかといいますと、ルイヴィトンやシャネル、エルメスなどの財布が特に高く売れます。財布は誰もが使うアイテムですし、さらにこれらのブランドは日本でも非常に人気がありますので買取ショップに持っていけば高値で買い取ってくれることが多いです。もちろん状態にもよりますが、他のアイテムと比較しても買取率は一般的には高くなる傾向がありますので、使わなくなった財布があったらぜひ買取依頼するといいでしょう。また、これから財布を買うときには、あえて人気ブランドの財布を狙って購入するといいでしょう。なぜなら、人気のものであれば高く買い取ってくれますので、購入額と買取額の差を縮めるためには最適です。

では、高級ブランド以外の財布というのは売ることができないのでしょうか。実際のところはそんなところはありません。特に男性の場合であれば、色んなタイプの財布を使っている方が多いので、この点が気になることが多いです。ただ、メンズのものはシンプルに牛革を使用したデザインも多いので傷みに強い上に高く買い取ってくれることも多いです。また、上質な革を売りにしているものであれば、長年使用したとしても値崩れしにくい傾向があるので安心です。

一方でナイロンなどの安い素材のものだと一気に値崩れしてしまいますので、あまり高く買い取ってくれなくなります。したがって、最初から上質なものを購入しておけば、将来それを買取に出すときにまとまった金額が手に入りますので、いざというときの強い味方になります。



種類に関係なく高く売れるブランド財布の条件とは?



どんな種類のものが高く売れるのかはとても気になることですが、実はそれ以上に状態が大事です。基本的には、使用感が少なくて新品同様の状態であれば高値が付きます。そのためにも、実際に査定に出す前にはなるべく自分でできる範囲で綺麗に見せるようにすることが大事です。ただ、財布というのは毎日持ち歩くものなので、どうしても汚れが付いたり角のところが擦れてきたり、型崩れしてきたりすることがありますが、買取においてはそこまで深刻な問題にはなりません。しかし、あまりに損傷が激しいと買取不可になってしますので、その辺りのことは査定に出したときに担当に聞いてみるといいでしょう。

また、ちょっとくらいの傷であればそこまで査定において不利になることはありませんが、例えば財布本体が汚れていたり破損していたり、シミや匂いなどが付いていたりすると買取を拒否されてしまうことがあります。買取不可なのか買取OKになるのかという基準というのは業者によって様々なのですが、基本的には問題なく使用できるかどうかというのが基準になります。したがって、綺麗な状態でファスナーでの開閉もスムーズなのであればそれだけ高く売れるというわけです。

さらに、買取に出すときには、付属品がきちんとついているかどうかも大事です。購入したとき、本体以外に付属品が付いてくることがありますが、使わないからといって捨てないようにしましょう。実は買取依頼するときには、付属品がきちんとそろっているかどうかも大きなポイントになります。本体だけでも買い取ってはくれますが、付属品がきちんとそろっていればより高額で売れることがあるので、捨てずに取っておくと良いでしょう。



ブランド財布を高く売るためには種類は関係ないことも



流行りのブランド品であればそれだけ高く買い取ってくれることがあるので、売るときにはそのときに流行っているものを売るようにしてください。どのようなものが高く売れるのかは、業者によって異なってきますので電話やメールを送って流行りのものを聞いてみるといいでしょう。

ただ、基本的には状態がいいものが高額査定を出してもらいやすいので、基本は普段から取り扱いには気をつけておきましょう。劣化していると、いくら人気ブランドとはいえ通常のものよりも査定額が低くなってしまう傾向があるので注意が必要です。

したがって、日焼けなどで色あせしている部位はどうしようもありませんが、それ以外の部位であれば自分で綺麗にすることができるので汚れやホコリがあったらきちんと綺麗にしてから査定に出すといいでしょう。例えば、革素材のものであれば専用のクリーナーがありますのでそれを使えば綺麗にすることができます。ただ、素材によっては薬品を使って洗ってしまうとかえって傷んでしまいますので、自分の財布がどのような素材なのか、そして使用する予定の薬品はその素材に使用しても問題ないのかをしっかりと確認してから綺麗にしましょう。

また、買取に出すときには、余計な手数料がかからないかどうかもチェックします。せっかく高く査定してもらっても、買取手数料などがかかってしまっては手取りが少なくなるのであまり意味がありません。

次の記事へ