ホーム > コラム > 返済期限までにお金を返せば品物が戻る!質屋を活用しよう

返済期限までにお金を返せば品物が戻る!質屋を活用しよう



現金が欲しい時、質を利用するという考えもある



質屋というとお金がない時に自分がもっているブランド品や着物、宝飾品などを預けてお金を借り、その後、返済期限までにお金を返済すれば、預けていたものが返ってくるという方法で、昔から利用されてきました。現在は買取を行うお店が多くなり、自分の持っている商品を質に入れるという事は少なくなったようですが、大切な物を買取のお店で売るよりも、返済すれば自分のもとに大切なものが返ってくるという方法を選びたいと思う方も少なくないでしょう。

どうしても現金が必要という時、ブランド品や時計などをもっていき、それを担保として預かってもらい、査定してもらった金額を借りることができます。もっていったブランド品などが担保となり、期間内に返済すべき金額を支払う事で品物を手放すことなくお金を借りることができるのです。

大切な方から頂いたブランド品や記念の時計、また贈り物の指輪など、高価な物であり、また思い出等も詰まっている商品を手放すというのはつらい事もあります。現金が必要という時、銀行での借り入れやキャッシングローンなどを考える方もいると思いますが、ブランド品や時計など価値あるものがあれば、こうした方法を選択することもできます。

現代はこうした質というシステムがあることを知らず、大事な商品を買取のお店にそのまま売ってしまうという方もいますが、質なら決められた期間内に返済することで、大切な品物を手放すことなく現金を借りられるので、こうした方法を利用するのも良いでしょう。質の入れ方、商品はどのようなものが可能なのか、また質に持って行って査定してもらい現金を手にするまでの流れ、さらにその期限など情報を知り、上手く活用することを考えてみましょう。



質というシステムをよく理解しよう



質はお客様の商品をお預かりしてそれを担保に現金を貸すという商売です。こうしたお金を貸すという点をみると、消費者金融同様貸金業なのか、と考える方もいるでしょう。でもこれは借金とは全く異なるもので、自分の身の丈に合った金額を借りることのできる方法となります。

自分がもっている物を担保にして、その担保商品に見合った金額を借りることができるという方法です。最悪、支払いができないという場合には、期間内に利息だけ支払期間を延長してもらうこともできますし、この先支払いができないという場合には、品物を手放すことで借りていたお金の返済義務がなくなります。銀行や消費者金融からお金を借りるとなれば、その後、また足りなくなったという時に債務超過となる可能性も出てきます。でも質屋の場合、商品に対して質の方で出せる金額以上は借りることもできませんので、超過となる可能性もなく、お金を借りる選択肢としては安全な方法となります。

古くからこの方法は日本で行われてきたことで、戦時下など、どうしてもお金が必要で生活のために質を利用された方はかなり多く存在していました。近頃は商品を売る、買うという買取のお店がクローズアップされていますが、こうした質という方法を理解すれば、お金を借りるための方法として、後にトラブルなどになりにくい方法だと理解できます。質の場合、商品を担保にお金を借りてからどうしても期限内に返済できないという場合、商品を売り債務をなくしてもらうという事もできるので、返済できずにまたお金をどこかで借りるということもしなくて済みます。現金が欲しいという時にはこうした方法を考えてみてもいいでしょう。



どのような流れになるのか?



現金が欲しいと思う時、急な入り用がある時に質屋さんに預ける商品をもっていきます。ブランド物のバッグや財布、時計、貴金属など査定が付くものならお金を借りることができます。どの位融資できるかは、スタッフの方が鑑定を行い、そこで金額が提示されることで分かります。今欲しいと思う現金以上の査定額の場合、査定金額一杯まで借りてもいいですし、必要な金額だけ借りておくという事もできます。商品について査定金額が納得がいかないという場合には、商品を持ち帰ればいいだけです。通常、査定費用は無料となるので心配される必要はありません。

この時、査定額に納得し実際に現金を借りるという場合には、身分証明書が必要です。これは質屋営業法に沿ったもので必ず必要となるので、公的な身分証明書となる運転免許証、健康保険証、パスポート、外国人の方は外国人登録証などをもっていく必要があります。こうした公的な身分証明書がない場合、利用できないので注意が必要です。

質に入れる商品をあずけて質札をもらいます。これは返済期限を延長してもらう場合などに必要となるものなのでなくさないように大切に保管しましょう。ここには、名前、預かり金額、契約日、流質期限、預かり品目と数量、利息などがかかれていて個人情報が含まれています。紛失しないようにしっかり保管し、期限内に返済できない場合、利息を支払いに行くか、商品を買い取ってもらうか考えた上で期間内に手続きをしっかりするように考えておきましょう。

こうして契約となると査定金額内から希望金額を借りることができます。期間内に元金と利息を支払う事で現金を借りることができるので、商品を手放す前にこのシステムも考えてみてはいかがでしょうか。

次の記事へ