ホーム > コラム > 質屋のメリットや上限について

質屋のメリットや上限について



質屋のメリットとは



質屋の利用を検討している人もいるのではないでしょうか。質屋はお金が必要な方が利用するケースが多いです。例えば、生活費の補填や新しく商品を購入するための資金集めなどです。質屋は、モノと引き換えにお金を借りられます。時計を持っていき、査定をしてもらった後にその額に応じて借入額を決定することができます。融資を受けるサービスの一つにキャッシングがありますが、キャッシングとは仕組みが大きく異なります。実際に利用することでメリットを得ることができます。

まず、お金が必要な時に借りられます。先ほども説明しましたが、品物を担保に借りられるので、必要になった時にすぐに利用すれば現金を準備できます。その他のメリットは、手放すかどうか迷っている時でも利用ができる点です。利用を検討している人の中には、腕時計など高価な品物の使い道に迷っている方も多いです。品物によっても異なりますが、時間が経過すれば徐々に価値が低下するものもあります。質屋を利用すれば、必要でないものはそのまま質屋に売ってしまうことができます。また、今後使い道があるのなら、預け入れたものを買い直すことができます。買取サービスではないので、迷っている商品を売りやすいです。

主婦や自営業など、会社に所属していない人でもお金を借りられます。基本的に主婦や自営業は会社に属さないため、お金を借りる時は収入証明書が必要です。実際に主婦や自営業の人でもお金が必要になる機会はあります。例えば、主婦の方であれば洋服の購入費用に充てたいと考える方もいます。自営業であれば従業員に支払うお金やお仕事で使用するビジネスツールを購入したり、家賃を支払ったりと、お金が必要になる機会は少なくありません。しかし、主婦や自営業はお金が借りづらく、銀行などで簡単にお金を貸してもらえないこともあります。質屋を利用すれば、品物が担保になるので、収入証明書を持参しなくても質屋からお金を借りることができます。

また、催促される心配がない点もメリットです。お金を借りたい人の中には、催促に不安を抱き、なかなかお金を借りられない人もいます。基本的に信用を元にお金を借りるということではなく、品物を担保として預け入れるため、万が一返済することができなくても、品物の所有権はなくなりますが催促されることはありません。

さらに、貸金庫代わりとして使用できる点もメリットです。基本的に高価なものを扱うため、セキュリティーが高いところが多いです。そのため、安全に保管しておくことができます。



質屋で相場の上限で査定を受けるコツ



質屋を利用する人の中には、相場よりもできるだけ高い価格で査定額を算出して欲しいと思われる方も多いです。査定額が高いと通常よりも多くの金額を獲得できます。

相場の上限で売るためのコツは、クリーニングをすることです。売りたい商品によってクリーニング方法は異なります。例えば、質屋では時計を扱っています。時計の種類によっては高価で、100万円以上で売却できるものもあります。時計の扱いは慎重に行うことが求められますが、自分でできるのであればクリーニングをすることで相場の上限で売れる可能性もあります。また、現在では高級ブランドのバッグが販売され、質屋でも取り扱っているところも多いです。バッグもクリーニングすることで相場の上限で売れる可能性があります。バッグは長い期間使用していると、香水やタバコ、食べ物などの匂いなどが付着することがあります。風通しの良い場所に置いておくことで、匂いを取り除けます。また、バッグの中にはホコリやゴミなどがあることも多いです。できるだけ掃除をして綺麗な状態を保つようにしましょう。

相場の上限で売るためには、付属品なども一緒に質屋に出すことが大事です。説明書や商品の箱があれば高値で買い取りしてくれる可能性がありますので、のちのち売ることを考えているなら取っておくようにしましょう。

その他にも、発売からできるだけ早い時期に売ることです。トレンドが経過すればその分価値も落ちるので、早めに利用すると相場の上限の査定を受けられます。



質屋の利用の仕方



質屋を利用するためには、自宅から利用できるところを探さなければなりません。住まいによっては複数の候補から選ばなければならない人もいますので、まずはお好みのところを選択します。また、利用する時はどのような商品を扱っているのかも確認しておくと良いでしょう。店舗の中には美品ではなく、汚れなどが目立つ商品でも買い取りをしてもらえるところもあります。

基本的に売る際には古物法で定められているように、身分証明書を提示することが求められます。身分証明書として挙げられるのが、運転免許証のコピーなどです。一度利用したことがある店舗でも、査定を受ける時は毎回必要になるので、その都度持参するようにします。また、有効期限が切れている身分証明書は使えないことがあるので、有効期限内の身分証明書のコピーを持参するようにしましょう。

次の記事へ