ホーム > コラム > 無用なトラブルを避けてブランド買取サービスを上手に活用

無用なトラブルを避けてブランド買取サービスを上手に活用



見過ごせぬブランド買取活用のメリット



近年全国各地の商店街などを歩けば、あちこちに「ブランド品買取」の文字が視界に飛び込んで来ます。一昔前まではこうした私物の現金化と言えば、質屋へ持ち込むのが最も確実かつ、限られた選択肢でした。ですが質屋ののれんを潜る事自体への抵抗感、また周囲からの視線を気にする傾向も根強く、結果多くの家庭に数多くの出番を失ったブランド品が眠る状況が生じていました。

その後インターネットの普及がキッカケとなり、ネット上にブランド買取を専門とするサイトが登場し始め、これを機に世の中に中古ブランド品市場形成の動きが生じました。それまで地味だった質屋もまた、リサイクルブティック的な明るく入りやすい店構えへと、ブランドファンの心を掴む雰囲気の店内へと変化を見せ、全国各地からファンが足を運ぶ有名店へと生まれ変わった質屋も、次々と登場するに至っています。

こうした経緯を通じ、中古ブランド品は再販商品としての価値を一気に高めて行きました。とりわけ一部の既に生産終了となった人気商品、あるいは限定品故に発売後すぐに市場から姿を消した商品など、いわゆるプレミアが付く商品も続々と登場し、同市場では争奪戦が生じるケースも珍しくありません。

そして注目すべき点として、これらがいったんエンドユーザーの手に渡ったブランド品は、所有者が手放さない限り市場には姿を見せる事はありません。自(おの)ずと販売店も単なる中古品とは違い、高額査定を提示し人気商品の確保に力を入れており、オーナーからすれば「売り時」を見極める事で、思わぬ高額な現金化が叶う可能性があります。自宅にブランド品を眠らせているのであれば、この機会にブランド買取を視野に入れ、売却という方法での有効活用をしてはいかがでしょうか。



便利なブランド買取とトラブルのリスク



今日、ブランド買取に関連するさまざまな情報は、インターネット検索を活用すれば簡単に閲覧できます。ネットショップとしてブランド買取窓口サイトを配信する業者が直接発信する情報のみならず、数多くの体験談など、店側とエンドユーザー側双方の立ち位置からの情報チェックは、非常に重要な事前作業です。

そうした中で気になるのが、利用者が語るトラブルの事例と注意喚起です。正規販売店で購入したにも関わらず、鑑定の結果ニセモノだと判定された、明らかに相場より低価格の査定から強引に押し切られてしまったなど、査定に関するコメントが少なくないのも事実です。また昨今人気の宅配サービスを活用した買取では、査定に不満で返却してもらった商品が、発送時と比較して痛んでいた、約束の期日に入金がなされなかった、送付した商品が行方不明など、直接持参から交渉していないが故のトラブル事例が紹介されています。

トラブルを100パーセント防ぐ事は不可能ですが、無用なリスクやトラブルの最大限の回避は十分可能です。その鍵となるのが、全幅の信頼を寄せるに値する、確かな実績を誇るブランド買取専門店を冷静に選ぶ、この1点に尽きます。各店はより多くのブランド品を確保すべく、高額買取その他の魅力的な文言をうたい、より幅広いエンドユーザーに自店活用のメリットをアピールしており、これは商売上当然の宣伝手法です。ですが、こうした文言や数字ばかりに目を惹かれてしまい、肝心の店舗に対する信頼度のチェックがお留守になってはいけません。



完全確実にブランド買取を利用するために



お手持ちのブランド品をより安全確実に現金化するには、幾つかのポイントを踏まえ、各々の重要性の理由を理解した上での実践が欠かせません。トラブルやリスクに関する情報の中には、真偽が怪しい内容ともう1つ、エンドユーザー側に原因が見られる事例も数多く混在しています。

まずおすすめしたいポイントとして、自身の生活圏もしくは行動圏内にブランド買取サービス対応店が在れば、直接商品を持参し担当者と折衝することです。鑑定からの査定に対し疑問が生じれば、その場で確認できますし、こうした体験を重ねれば、自身のブランド品に対する「目」が養われます。何より宅配利用時に生じやすい、運送事故やその他の目が届かぬ場面でのトラブルのリスクも回避できます。

次に商品は可能な限り、ベストな状態に手入れや準備をして査定に臨む姿勢が欠かせません。汚れたまま、曲がったまま、付属品が残っているのに一緒に査定に出さないなど、僅かな配慮の無さが査定額を大きく左右するのがこの世界です。購入時の箱やタグなど、関連する付属品は全て揃え、無理なくきれいにセットアップした上で持参、もしくは送付するようにしましょう。

また宅配サービスを利用して送付する際は、梱包に対する気遣いが欠かせません。薄い紙袋に放り込んだだけなど、運送中に傷がついてしまうなど、明らかにエンドユーザー側の配慮不足に起因するトラブル事例が見られています。こうした不手際を店側の責任に転嫁して低評価した情報が、残念ながら口コミには混在している可能性が否めません。外部から収集した情報に関しても、冷静にその真偽を見極める姿勢が大切です。

次の記事へ