ホーム > コラム > ブランド買取の豆知識や歴史について

ブランド買取の豆知識や歴史について



ブランド買取の歴史



ブランド買取は今では様々な企業が参入しており、買取店など全国各地に存在しています。そんな買取店ですが、初めに誕生したのは質屋と言われています。では具体的にどのような歴史があるのか見ていきましょう。

質屋が誕生したのは約700年以上も前だと言われています。700年も前となると鎌倉時代になり、それほど昔から質屋はありました。実際に鎌倉時代では貨幣経済が発達し始めた頃となるので、人々も質屋などを始めようと目を付けたのかもしれません。実際に手っ取り早く物品を担保に金銭を得る方法は売り上げにもつながりやすく、商売としても成り立ったとされています。また、当時は質屋とは呼ばれておらず、土倉と呼ばれていました。江戸時代になると土倉という商売をやりたいという人たちが増え、どんどん増え続けたので質屋取締令という法令が施行され、今の質屋が誕生しています。

しかしその後、金融機関は担保となる物品が不要でお金を貸してくれるようになったため、質屋は時代の流れが変わったことから自分たちも変化を求められるようになりました。そこから業務をディスカウントタイプへと変化させ、今の形があると言われています。今では主にブランド買取を積極的に行うようになり、買取店は全国各地にたくさん存在しています。

このように、歴史について話しましたが、随分も前から質屋があったということが分かります。質屋や買取店について興味がある方は参考にするといいでしょう。



ブランド買取でスタッフにチェックされるポイントは何があるの?



ブランド買取を店舗に依頼する時には査定ができるスタッフがチェックしてどのくらいの価格で売れるのかを判断してくれますが、同じブランド品でも金額は異なります。これから売りたいと思っている人の中で査定をする時にはどのポイントをチェックしているのか知りたい方も多いでしょう。ここでは一般的にチェックされているポイントについて紹介します。

まず、ブランド品と言ってもたくさんありますが、バッグの場合は金具やファスナーの破損などがないかをチェックします。基本的に壊れてしまっているのは修理などの手間がかかるので査定額が下がってしまう可能性があります。こればかりは売る前に修理ができないので、日頃から壊れないように大切に使うことがコツです。また、バッグでは匂いや汚れなどもチェックされます。バッグは普段から使用していると内部が汚れてしまうことがあります。特に日頃から手入れをしていないと汚れがたまり、簡単には取り除けない場合もあります。余りにも汚れがひどいと査定額が下がってしまうので注意しましょう。

続いてブランド品には時計なども存在していますが、時計はまず電池切れがないかどうかの確認をします。電池切れの場合は買取不可としているところもあります。なぜなら動作確認をすることができないからです。査定を依頼したいという場合には電池切れがないかの確認はしておきましょう。また、オーバーホールがしっかりとしているかのチェックもします。高級の時計はオーバーオールなどをしていないと劣化して動かなくなる可能性もあります。しっかりとしていれば査定ポイントも高くなるので、時間がある方はオーバーホールなどをしてみてもいいでしょう。

さらに、ブランド品の中でも洋服の査定ですが、洋服は一般的に購入額の数%にもならないと言われており、ブランド品の中でもあまり高価買取りが期待できないアイテムです。しかし、黄ばみがないものや、糸のほつれ、毛羽立っていないものは高く売れる可能性もあります。洋服の中ではブランド品が売りやすいので、使わない場合は一度査定をしてもらうといいでしょう。

このように、ここでは査定でチェックされるポイントについて紹介しましたが、売りたいと思っている人は今では手軽にネットからの査定も可能になっているので、時間がある人はブランド品を査定に出してみるといいでしょう。



どこで買取ってもらうのがいいの?



買取をしてくれる店舗は全国に存在していますが、それぞれ買取店によって異なる点もたくさんあります。例えばブランド買取に力を入れているところもあれば他の物に力を入れている店舗なども存在しています。できる限り買取店を選ぶときにはブランドを専門的に買取っている店舗に依頼をすることが大切です。特にブランド品を売るなら専門的に買取っているかいないかで査定額が変わることもあります。後悔しないためにはしっかりとチェックしておくといいでしょう。

その他にも買取メニューが豊富に揃っているかのチェックが必要です。例えば店舗以外に出張や宅配など様々な買取方法があると楽です。特に自宅から買取店まで少し距離があるという方は買取メニューが豊富に揃っている店舗を選ぶようにしましょう。

このように、ブランド品は売る場所で査定額や売りやすさが異なるので、売る前にはどこで売るかという情報は調べておいた方が安心です。

次の記事へ