ホーム > コラム > ブランドバッグなど、多様な種類の商品の売却などをお考えなら

ブランドバッグなど、多様な種類の商品の売却などをお考えなら



ブランドアイテムを売却したり、新しく購入したりしたいとお考えの方へ



ブランド物のバッグなどにもさまざまな種類がありますが、何らかの理由から手持ちのアイテムを売りに出したり、新たに商品を購入したりしたいと考えている方もおられるでしょう。そのような場合には、利用する業者の選び方にも気を配ることが大切です。中でも、日本全国にネットワークを持ち、ブランド品などの質預かりや買取りを行っている業者は、幅広いシーンで活用することができます。

全国に展開しているチェーン店は、各地のショップから商品や買い取り、相場に関する情報が入ってくるために、高額での買取りや安心でリーズナブルな価格での販売提供を実現することができるという強みがあります。ただ、商品の売却や購入をするために業者を利用したいという気持ちはありながらも、何となく入りにくい、人目が気になるなどと感じて、実際のアクションを起こせないでいるという方もいらっしゃるでしょう。しかし、業者の中には従来のイメージを覆し、明るくて気軽に入ることができるよう店構えに工夫を凝らしているところもあるので、一度チェックしてみることをおすすめします。

また、高額買取りを実現し数多くの商品が集まる業者であれば、販売品も豊富にラインアップすることが可能になります。さらに、手頃な値段設定がなされているところは、コストの面でもそれだけのメリットを得ることができます。その他にも、リアルショップの店頭だけではなく、インターネット上の通販サイトでも商品の販売提供を行っているところは活用シーンの幅が広がります。



お金を借りる手段の一つとなる、質預かりのサービス



日常的な生活シーンの中で何らかの事情によって、お金を借りる必要性が生じたという方もおられるでしょう。そのような場合には「質預かり」と呼ばれるサービスを利用すると、宝石や貴金属、時計、ブランド物のバッグなど、さまざまな種類のアイテムを担保として預け、お金を貸してくれます。このサービスでは、定められた期限内に利息となる質料と元金を支払えば、預けた品物を返却してもらうことができます。また、支払いができない場合は、担保の品物を手放すことで返済義務はなくなります。

質預かりは、鎌倉時代にわが国で発祥してからというもの長い歴史を歩んできているサービスです。その後、江戸時代の中期には貨幣経済が日本全国に浸透し、質屋も一般庶民の間に完全に定着していたようです。この時代、質預かりのサービスを利用するためには、櫛やかんざし、衣類、布団、鍋、釜などが担保にされていました。

そして現在では、質屋の営業は「質屋営業法」という法律の規定で、各都道府県の公安委員会によって許可されています。こちらの法律では、質預かりのサービスで担保として預かった品物を厳重かつ大切に質蔵で保管することが義務付けられるなど、健全な営業と預かった品物の安全を確保する責任を負うことが規定されています。したがって、顧客の立場からすれば、質預かりは安心感を持って利用することのできるサービスと言えるでしょう。



質預かりを行う店舗が長く利用されている理由と、ブランド品のリサイクルについて



何らかの事情からお金を借りることが必要になった場合、ブランド物のバッグなど、さまざまな種類の商品を担保に融資を行ってくれる、質預かりのサービスを利用するのも一つの方法です。こちらは、お金を借りることに違いはないものの、担保として預けた品物の価値に応じて、借り入れ可能な金額が決定されることとなります。そのため、借り過ぎてしまう心配もなく、仮に返済不可能な状態になったとしても、預けた品物をあきらめれば返済義務や取り立て、遅延利息の請求から解放されます。そのように、身の丈に合った健全な融資手段であることは、質預かりを行う業者が長い期間に亘って利用され続けている理由と言えるでしょう。

最近になって、世の中ではエコロジーの重要性が声高に叫ばれています。そのような状況の中で、不要になったブランド品を廃棄するのではなく買取業者に商品を買い取ってもらい、その商品を欲しいという顧客へと販売提供するこのリサイクルビジネスは、現在の社会的ニーズに見合った存在と言えるでしょう。そのため、タンスやクローゼットに使わなくなったブランド品があるという方は、タンスの肥やしにするよりは売って誰かに大切に使ってもらうことも視野に入れてみましょう。

また、ブランド品を売ったお金で有名ブランドの最新商品をリーズナブルな費用で手に入れたいと考えている方もおられるでしょう。 特に、品質の高い品物を安く入手するためには、利用する業者の選び方も大切なチェックポイントになります。例えば、定番のアイテムはもちろんのこと、新作からレア物に至るまで豊富な商品をラインアップしているところは、幅広い活用シーンが見つかるでしょう。

次の記事へ