ホーム > コラム > グッチのブランド品を持っているなら使わない物を買取に出そう

グッチのブランド品を持っているなら使わない物を買取に出そう



利用していないならブランド品買取を利用してみよう



ブランド品は年齢を重ねていく間にいくつかは持っていたいと思う人もおり、特に女性はブランド品を持っていることがステータスとなる事も多いので、一つは保有されていることが多く、またお気に入りブランドを持っているという方も少なくないでしょう。例えばグッチ等も非常にファンが多く、女性からも男性からも愛されるブランドとして世界的に知名度の高いブランドです。ただ買ってみたものの普段利用しない商品や、流行に任せて購入してしまったという人は、グッチを買取に出したいと考えているのではないでしょうか。

買取のお店に出してみようかなと思っても、もう流行を過ぎている商品だし売れないかなとクローゼットの中に押し込んでいる人も少なくないと思いますが、実際に買取のお店に出してみたらかなりの高額買取となってびっくりしたという人もいます。ブランドは何もかもが高額になったり買取してくれたりということはありませんが、商品が汚れたり破損していないきれいな状態で保証書やタグ、買った時の箱や袋などが残っているという場合、買取対象になる事も少なくありません。

大した金額にならないかも、と思う方も利用せずクローゼットで眠っているということなら、一度買取のお店に出してみて、買い取り金額がつくのか、いくらになるのか確認してみるといいでしょう。

たくさんのブランドがありますが、中でも有名なブランド品やグッチなどは買取対象としているお店がほとんどですし、商品によっては高額査定となる可能性もありますので、クローゼットの中で利用していないものがあれば、買取のお店を利用してみましょう。



老舗ブランドと呼ばれるだけあって高額買取になる可能性も高い



グッチというのは歴史が古く、1921年イタリアで誕生したブランドです。ファッションブランドとして高い評価を得ていますし、革製品を中心にバッグ、財布等多数の商品を制作、販売しているので、世界から認められているブランドです。

このグッチというブランドは品質を保証するためにデザイナーの名前を刻んだというブランドで、元祖とも老舗とも呼ばれているのです。他のブランドの中には非常にブランド名を主張したものが多いのですが、シンプルなデザインが多いグッチは大人の女性や男性に特に人気があり、様々なシーンで活用できる商品展開なども受けていて、日本国内にもグッチのファンは非常に多いです。贈り物として男性女性を問わず選ぶことができるというのも、このブランドの特徴です。

さて気になるのが買取についてですが、通常、あまりにも汚れているとか破損しているという商品以外、お値段が全くつかないという商品はほとんどありません。商品の保管状態や保証書、袋等がついているなどの状態にもよりますが、通常、買取相場も高くなっているので、ブランド品を保管する時には買った時の付属品なども保管しておくという事を心がけるといいでしょう。

購入した際のレシートや袋、箱、タグなど買った時についてきたものを全てそろえておくことと、丁寧に扱い傷などをつけないようにしておくことで、高額買取につながるといわれています。商品によっても高く買い取りしてくれる限定商品等もありますので、珍しい商品や数が少ない商品などを持っている方は、早めに買取のお店に持っていく方が高く売れる可能性があります。



財布・バッグ・時計など高額査定になる商品は多い



グッチなどのブランド品であっても、流行の商品やシーズン商品ということになると流行やシーズン終了後、極端に金額が下がるということもあるので、買い取り金額が下がる前に早めにお店に持っていくことがポイントです。革の性質によっては、バッグなどの場合使えば使うほど美しい光沢が出てくるというものもあり、この場合古くても使い方によっては買取金額が通常よりも高めという場合があります。

財布は現在長財布が人気ですが、特にコンチネンタルタイプが高額取引される傾向にあります。ファスナータイプはこのファスナー部分から破損することが多いですし、使っている人によってはファスナー部分に錆が来ているという人もいます。金属部分に錆がある場合、査定も下がりますので、こうした錆や破損をしないように利用することや保管するということが大切です。

小物類の中でもグッチで最も人気が高いのは時計といわれています。腕時計の質も高く非常に人気がありますので、時計を持っている方は高額買取になる可能性があります。装飾品などがしっかりついていて傷がない、箱も保証書もあるということになるとかなりの高額になりますし、ビンテージものになると傷があっても高く売れることがあるので、持っている方で利用しないということなら、さらに傷がつかないように今の状態で買取のお店に持っていく方がいいでしょう。

アパレル商品の場合、まとめていくらとされることが多いのでそれほど高額にならない可能性があります。しかし珍しい物や品数が少ないモノの場合高額となる事もあるので、買取のお店に確認してみるといいでしょう。

次の記事へ